定休日
 イベント日
 GALLERY

クレジット決済対応

A VeriSign Company

SSLで通信を保護

VESPA PX150 Euro3/べスパ

スクーターやバイクに詳しくない人でも「VESPA」という名前はどこかで聞いたことがあるはず。

半世紀にも渡って、国境を越え、多くの人々に愛されたスクーターはあまり例がありません。

その誕生は第二次世界大戦直後にさかのぼります。
航空機や軍事車両を製造していたイタリアのピアジオ社が戦後、復興産業として取り組んだのが車とバイクの間の乗り物----現代ではスクーターと呼ばれる乗り物の開発と製造でした。

当時のピアジオ社CEOエンリコ・ピアジオは、
ピアジオのトップエンジニアのコラディーノ・ダスカニオに
安価で、スカート姿の女性でも乗れる、軽量、かつスペアタイヤ用の場所も確保でき、航空機の製造ラインで作れるという、まったく新しい乗り物の設計を命じました。

エンリコが出した、戦火で自社工場を失った会社の復活と、
イタリアの国民生活を向上させる新製品の条件をダスカニオは全てクリアし、1946年4月、エンジン部分の膨らみの形、「ブンブン」というエンジン音からイタリア語で「スズメバチ」を意味する「VESPA」という名前の乗り物が誕生しました。

一体成型のスチールモノコックボディ、シンプルで完成された他にはないデザイン、女性でも運転が簡単な操作性、高性能のエンジン、ピアジオが世に送り出したこの乗り物は他のどのオートバイ製造業者も及ばない大ヒットを記録。

そのブームは世界規模で社会現象にもなり、VESPAはさまざまな文化、ファッション、音楽と結び付けられました。

一過性のブームに終わらず、その後、何十年も進化を続けながらそのままの形でVESPAは造られ続けられました。
2ストロークのギアボックスを装備したビンテージシリーズは2007年に生産終了した後も多くの人に愛され、今でも世界中にオーナーズクラブが存在します。

エンリコとダスカニオ、イタリア職人のDNAを確実に引き継ぎながらも快適なオートマチックベスパが主流になった現代、再びビンテージシリーズが復活しました。

PX Euro3 モデルは、ディスクブレーキをフロントに採用の他、インスツルメント、ハロゲンヘッドランプ(コンプレックス レフレクター採用)、シート等 オリジナルデザインを踏襲します。
勿論ベスパのみが採用するスチールモノコックボデイに、エンジン出力をチェーンやジョイントを介せずダイレクトに後輪をドライブするダイレクトトランスミッションシステムのベスパ独特のパワーユニットを搭載します。

ボデイカラーはホワイト、レッド、ブラックの3色をご用意致します。

限定モデル VESPA PX150 Unita'd'Itlia はこちら。









商品コード: VESPA PX150 Euro3

VESPA PX150 Euro3/べスパ

カラー:ホワイト、レッド、ブラック
ミッドナイトブルー(販売終了)
グレー(販売終了)

排気量:150cc

限定モデル VESPA PX150 Unita'd'Itlia はこちら。 VESPA PX よくあるご質問⇒Q & A

2012年モデルよりメーカー保証が2年になりました。
詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。



車両のネットショッピングは行っておりませんので
下記連絡先よりお問合せ下さい。

TEL:052-781-9009(11:00〜20:00)
定休日:月曜日、第二、第四火曜日
定休日が祝祭日の場合は、通常営業致します。


メールでのお問い合わせはこちら

販売価格(税込) 498,000 円
個  数

カゴに入れる

このページのTOPへ